早目の準備が大切です

男女

正式に結婚する前に子供を授かる「でき婚」は意外に少なくありません。結婚式前に子供を授かった場合は母体の安定なども考えて、挙式の予定を早めるなどスケジュールを前倒しにして進めることも大切となってきます。そのため早目に子供を授かった際は両家の両親にまずは報告をしましょう。結納や結婚式場の予約がすでに済んでいる場合は両家への報告とともにスケジュール調整を行うだけで済みますが、まだこれからという場合は急ぐ必要があります。結婚式の準備はどれほど急いでも3ヶ月から5ヶ月は必要です。準備が遅れると出産予定日が近づき、挙式が難しくなるので注意しましょう。また結婚式で必要となる結婚指輪の購入も急ぎましょう。結婚指輪のオーダーには1ヶ月ほどの期間が必要となります。結婚式の準備やあいさつ回りに追われて結婚指輪の準備を後回しにしてしまうと、購入するきっかけを失いかねないので早めに準備することが大切です。いわゆる「でき婚」となった場合は両家への報告と結婚指輪の購入を先に済ませておけば、そのあとの結婚式のスケジュール調整もスムーズに行えます。結婚指輪のオーダーではリングサイズに注意することも忘れないようにしましょう。妊娠中には指のサイズが一回りほど大きくなります。そのため普段のサイズでオーダーすると当日に結婚指輪が入らないこともあります。結婚指輪のサイズ直しはあとからでも可能となっているので、いわゆる「でき婚」の場合は一回り大きめのサイズでオーダーするようにしましょう。